アナスイの扇子って?

アナスイの扇子って?

夏の日差しが暑いこの時期のファッション小物として人気の高い扇子が、アナスイでも販売されています。
アナスイの扇子とはどのような特徴を持っているのでしょうか。
アナスイは、中国出身で4歳の頃よりデザイナーを将来の夢とし自分の服を自分でデザインする幼少時代を過ごしました。
その後ニューヨークのデザイナーの学校に通い、卒業後はスポーツメーカーや水着のメーカーなど数社でデザイナーとして働き、1992年に自らのショップを開店、1998年には念願のコスメティックのブランドも立ち上げています。
アナスイのデザインは、黒や紫などダーク系の色使いに、バラやチョウなど華やかな柄を使っていることが特徴です。
ファッションだけでなく、コスメティック部門では香水の「スイ・ドリーム」も多くの愛用者を持っています。
その薔薇などの妖艶な模様から、日本ではヴィジュアル系やゴスロリ系、今流行りの「小悪魔」なファッションを好む女性が取り入れられる事が多い傾向があります。
化粧品も薔薇の香りが使われているなど、見た目だけでなく中身も華やかな雰囲気が特徴の1つといえるでしょうです。
そのアナスイが発表している扇子の多くに、シンボルマークである薔薇や蝶の柄が使われており、基本の色となる扇子の色も黒や紫など、アナスイのシンボルカラーが多く使われています。
この扇子は今大人気商品となっていて、売り切れ店が続出して入手困難なアイテムです。
アナスイの商品は伊勢丹などで購入することができますが、品薄の状態となっています。
近くに伊勢丹が無いエリアにお住まいの方、またアナスイの製品をどこで買えば良いか分からない場合はネットショップで探してみると良いと思います。
ではアナスイの扇子はどのようなものがあるのでしょうか。
アナスイのモチーフの1つである「ハートチャーム付き ハートモチーフ扇子」は、黒地に白か紫のハート模様が描かれており、扇子には蝶のチャームや専用の化粧箱と袋もつけられています。
また、黒や紫が定番色のアナスイの扇子ですが、より上品なデザインを求めている方には、めずらしい白色の扇子も発売されています。
柄はネオンブーケでオレンジや赤の花が描かれています。

扇子に描かれてある花は、この他アイビーオパールやバイオレットブーケ、アーバンフラワーなどかわいらしいものがから華やかなものまで種類も多く、その華やかなデザインの数々に迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。
ちなみにどの扇子にもかならずチャームが付いているのですが、普段はアナスイの服や化粧品を購入しない女性でも、このデザインの良さには惹かれる人も多いと思います。
そんな使いやすさにも定評のあるアナスイの扇子の価格は8000円台から10000円台あたりが主流で、一度手にしたら長く使うことができるおすすめの扇子です。