バーバリーの特徴や人気商品

バーバリーの特徴や人気商品

バーバリーは、1856年にトーマス・バーバリーという人が創業したイギリスのブランドです。
今から150年以上前からある長い歴史を持つブランドです。
バーバリーの製品の生地は、農民が汚れを防ぐために着用していた上着からヒントを得て、破れにくく、水にも強いギャバジンと呼ばれる新素材を使用しています。
このことから、品質の高さや新素材生地などが評価されて、有名ブランドへと成長しました。
バーバリーの商品の定番の柄であるチェック模様は、もともとトレンチコートの裏地として使用されていました。
バーバリーには、バーバリープローサム・バーバリーロンドン・バーバリーブルーレーベル・バーバリーブラックレーベルがありますが、バーバリーブルーレーベルとバーバリーブラックレーベルは、日本独自のブランドになっています。
日本では、1915年に輸入を開始しましたが、当時のバーバリーは高級感が漂い、高価だったため、売れ行きが伸びませんでした。
そこで、若者にも手が届くようにと、1996年に日本のオリジナルブランドとして立ち上げられたことで、ブルーレーベルとブラックレーベルが展開されていきました。
バーバリーブルーレーベルは20歳前後の女性をターゲットとして展開されていて、バーバリーブラックレーベルは30歳前後の男性をターゲットにしてデザインされています。
バーバリーからは様々な種類の製品が販売されていますが、財布やバッグが特に人気商品です。
バーバリーの財布はカラーや形がたくさんありますが、やはり定番として人気があるのは、老若男女こだわらないユニセックスタイプのものです。
シンプルで機能的なデザインが高評価を得てます。
バッグについても、トートバッグやボストンバッグなどの定番商品が人気を集めています。
バーバリーのバッグは見た目の素晴らしさだけでなく、水や汚れにも強く丈夫で長持ちします。
また、機能面にも優れており、収納力があるので、色々なシーンやスタイルで使用できるでしょう。