シャネルの魅力

シャネルの魅力

シャネルの魅力は、シャネラーにとっては尽きないものですね。
一度取り付かれてしまうと、なかなか抜け出せないのがシャネルの魅力のようですが、では、その秘密はどこにあるのでしょうか?
一口にシャネルの魅力と言ってみても、シャネラーの数だけ存在すると思うのですが、魅力の秘密がどこにあるのかを探ってみました。
シャネルの魅力は、ココ・シャネルの生き様とシンクロした服作りへの考え方、これに尽きるのではないでしょうか。
シャネルのドレスやシャネルのスーツなどの女性用の洋服は、男性の服装をヒントにデザインされています。
シャネルの創始者であり、デザイナーであり、また自らがシャネルの象徴でもあるココ・シャネルがブランドを立ち上げたのは、1910年、彼女が27歳のときでした。
当時の女性の服装といえば、ガチガチに固めたコルセットをまとい、見た目はキレイだけれどとても窮屈で、活動的という言葉には程遠く、お世辞にも着心地が良いなんて言えないものばかりでした。
ココ・シャネルは、なぜ女性は窮屈な服装に耐えながら生活しなくてはならないのかが疑問で仕方なかったと言います。
そこで彼女は、まずはコルセットをはずすこと、そして、窮屈ではなくて、自由に動ける、言わば機能性を重視した服をデザインして作りました。
英国紳士服の仕立てを女性服に応用し、動きやすさを考えてスポーツウェアの素材として使われていたジャージー素材の服を多くデザインして、世に送り出しました。
それまでは、ありえなかった女性のパンツスタイルというものも、シャネルが提案し、そして浸透させていきました。
これらによって多くの女性たちに大きな影響を与えたココ・シャネルですが、自身の生き様のような自由で開放的なスタイルが、シャネルというブランドに色濃く反映されていて、そこがシャネラーの心を掴んで放さない最大のシャネルの魅力なのでしょう。