フランクミュラーのクレイジー

フランクミュラーのクレイジー

クレイジーといえば、狂っている、という意味になりますが、人気のブランド時計のフランクミュラーには、クレイジーというラインがあります。
時計がクレイジー?
狂ってしまっては時計になりませんが、フランクミュラーは、どうしてクレイジーというラインを作っているのでしょうか?
フランク・ミュラーのクレイジーな時計について少し解説してみます。
クレージーというラインがあると書きましたが、実際にはクレージーアワーズ(狂った時間)というラインの腕時計が、フランクミュラーから世に送り出されており、これが非常に人気の高いものになっているんです。
フランク・ミュラーのクレイジーアワーズとは、普通の時計とは異なり、文字盤は1番上が12で、その後に1、2、3と規則的に並んでいる時計ではありません。
12個の数字がバラバラに並んでいます。
分針が60の位置に来たときに、そのバラバラに配置された数字のところへ時針が一瞬でジャンプする『ジャンピングアワー機能』を搭載したモデルをクレイジーアワーズと呼んでいます。
その中で、ジャンピングアワー機能にカラーインデックス(12個の数字にそれぞれ異なる色を付けること)を配備した時計は特にクレイジーカラードリームと呼ばれているものです。
独自性を持つ奇抜なアイデアで時計の常識を塗り替えたこのクレイジーアワーズは、他のブランドが真似できないモデルとして、フランクミュラーを代表する時計となっています。
ブランドと同名のフランク・ミュラーは、時間は人間が作った概念なので各々で違うという事を意識し、時間自体を視覚で判断し、理解し、そして不思議に感じる、そんな時計をこれまで作ってきたのだそうです。
また、誰もが昼の12時に昼食を食べる訳ではない時代の中で、時間の意味を考えさせる時計が作りたかった、と、クレイジー・アワーズを作った理由をフランクミュラーは述べています。