フランクミュラーのパワーリザーブ

フランクミュラーのパワーリザーブ

近年、非常に人気のある高級ブランド時計といえば、フランクミュラーですよね。
彼の作り出す時計は、斬新なデザインの中に遊び心がたくさん詰まっています。
さて、フランクミュラーの腕時計には遊び心も満載ですが、実用性にも非常に長けていることで有名です。
パワーリザーブという機能をご存知でしょうか?
ガソリンメーターの残量がひと目で分かるように、腕時計のネジ巻き上げ残量がひと目で判るというすぐれた機能です。
フランクミュラーの腕時計にも取り入れられているパワーリザーブについて少し詳しく説明しますと、ゼンマイの巻上げ残量を示すパワーリザーブとは、手巻き式に比べて自動でゼンマイが巻かれる自動巻き式においては、パワーの残量の確認が困難なんですね。
そこで、時計の文字盤にそれを確認できる計器を取り付けることで、パワーの残量を知ることが出来る機能、それがパワーリザーブという機能なのです。
フランク・ミュラーの時計には、このパワーリザーブが搭載されているモデルが多く、例えば、「ダブル レトログラード アワー」や「マジック タイム」、「イレギュラー・レトログラード・アワー」などは42時間のパワーリザーブが可能になっています。
「エテルニタス・メガ」ならパワーリザーブは4日間、「エテルニタス」においては、ツインバレルの構造によって8日間のロングパワーリザーブ機構を備えているんです。
さすが!といったところですが、フランクミュラーにしてみればパワーリザーブの搭載などは当然のことなのかもしれませんね。