エルメスの魅力とは

エルメスの魅力とは

エルメスの魅力を語る前に、エルメスの歴史から見ていきましょう。
エルメス社の母体になったのは、ティエリ・エルメスが、1837年にフランスのパリで開いた馬具工房です。
この当時のエルメスは、ナポレオン3世やロシア皇帝などを顧客として発展していました。
その後、自動車の発展による馬車の衰退を予見し、鞄や財布などの皮革製品に事業の軸足を移してエルメスは成功しました。
それが現在でも馬具工房に由来するデュックとタイガーですが、ロゴに描かれています。
デュックとは四輪馬車で、タイガーは従者のことです。
ここに主人が描かれていない理由は、「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味が込められているからなのです。
エルメスの魅力は、熟練の職人による手作りの品質に徹底的にこだわりを見せるハンドメイドの気品が醸し出されていることです。
例えばエルメスのバッグは、一人の職人が製造開始から完成まで責任を持って作られ、作られたバッグには製造日と場所、職人名が刻まれる製品まであります。
職人名が刻まれたエルメスのバッグが修理に出された時には、それを製作した職人にまで届けられ、責任をもって修理されるという、非常に誇り高いブランド、それがエルメスです。
エルメスでは1927年に時計を発表し、さらに服飾品・装飾品・香水などの分野にも手を広げ、それらの製品のデザイン、製造、販売をすべて手がける会社になりました。
特に、エルメスを代表する、馬蹄柄のスカーフと女優のグレース・ケリーが愛用したケリーバッグが有名になり、今でもスカーフとバッグは、他のブランドに負けない品質と人気としてエルメスの魅力となっています。