エルメスのスカーフ

エルメスのスカーフ

馬具製造工房からその歴史が始まったエルメスのスカーフには、ブランド発祥のアイテムである馬具の象徴として、馬が描かれることが多くあります。
誰もが知っているほど有名なシルク製のエルメススカーフが初めて登場したのは、エルメスそのものが誕生100年後の1937年です。
その記念すべき第一号のは、「カレ・オムニバスゲームと白い貴婦人」と名付けられました。
このエルメスのスカーフは当時の女性たちの大変な人気となり、エルメスのスカーフとして大ブームを巻き起こしました。
エルメスのスカーフの魅力は 洗練されたデザインにあり、鮮やかな発色が特徴です。
エルメススカーフの絵柄の技術はシルクスクリーンで表現され洗練されたデザインと、鮮やかな色彩が一枚一枚にストーリーをもたされているので、時代に左右されないことでしょう。
また、エルメスのスカーフの高品質の図柄は専属のデザイナーが描き、その絵柄も文学作品ともいえるものに高め上げました。
エルメスのスカーフは、その洗練されたデザインを追及するがゆえに、徹底した手間の掛け方が他と比べ違っています。
エルメスのスカーフつくりでは 企画のスタートから完成まで1年半もかけているといわれますが、絵柄や配色の絶妙さはもちろん、スカーフの手触りに至るまでその気品は、他のブランドの追随を許しません。
エルメスがこだわる手作りによる質の高さは、160年以上にもわたり世界の女性から魅了されていることから実証されています。
エルメスのスカーフの新作は毎年、春夏と秋冬の2回に発表されますが、多くの人から待ち望まれています。