エルメスのバッグ

エルメスのバッグ

エルメスは、その歴史は1837年にフランスでティエリ・エルメスが、パリにあるランパール通りに高級馬具の製造工房を開業したのに始まります。
現在は、パリのフォーブル・サントノーレ24番地に、エルメスの本店があります。
エルメスは、その歴史から馬具作りの経験を生かし、女性用のバッグや財布を手がけるようになりました。
多くのエルメスファンがエルメスバッグの魅力に誰もが好感を持っていることと思います。
そんなエルメスのバッグの中でもひときわ人気があるのがケリー・バッグです。
ご存知の方も多いと思いますがケリーバッグとは、女優でモナコの王妃の「グレース・ケリー」が愛用したことから名付けられたエルメスのバッグです。
発表された当初は、「サック・ア・クロア」という名前でしたが、1955年に現在の「ケリーバッグ」と改名されました。
そしてこれと並んでもう一つ有名なエルメスの「バーキン」は、歌手であり女優のジェーン・バーキンが、飛行機の中で偶然、当時のエルメス社社長と隣り合わせになったことがきっかけになって生まれました。
というのも、当時のエルメス社社長と隣り合わせたジェーンの要望を取り入れて作られたという経緯があります。
エルメスのバッグは値段も高いことから、お洒落なアイテムを越えてステータスにまでなっています。
エルメスのバッグが高い理由ですが、製品に使われる革は「革保管部」という部署で保存されていて世界中から上質の革が取り寄せられています。
この「革保管部」では、温度や湿度に細心の注意を払って保存されています。
エルメスのバッグに使われるのは、革のなかでも丈夫なバット部分だけに限られています。
この牛革は1万頭のなかからたった30枚ほどしかとれない無傷なもののみが使われていますが、このような素材への拘りもあってエルメスのバッグの高価な理由の一つになっています。
エルメスではこの代表的な以外にも人気のバッグが沢山ありますが、一例としてトート バッグのエールライン・フールトゥなどが有名です。