ルイ ヴィトン モノグラム

ルイ ヴィトン モノグラム

モノグラムとは本来、2つ、まれに3つ以上の文字や、書記素を組み合わせた記号(単に並べただけではありません)です。
個人や団体の頭文字で作られ、ロゴタイプとして使われることが多くありますが、モノグラムという言葉自体は、日本ではルイ・ヴィトンを代表する、商品ラインナップとして知られています。
創業者ルイ・ヴィトンのイニシャル「L」と「V」を重ね合わせた幾何学文様を、キャンバスに使用しているのが特徴です。
上品で飽きの来ないデザインとともに、耐水性と傷つきにくさも兼ね備えています。
1888年に発表されたダミエ・ラインの偽物が、早くも出回ったことから、偽物に対抗すべく1896年、新たに打ち出されたのが、創始者ルイ・ヴィトンの「LV」のイニシャルに、星と花を組み合わせたモノグラム・モチーフです。
発案したのは、2代目のジョルジュ・ヴィトンです。
モノグラム・モチーフは、当時パリで流行していたジャポニスムの影響下で、日本の家紋からインスピレーションを受けて、生み出されたものとも言われています。
発売当時のモノグラム・モチーフは、現在のようなプリントではなく、職人の手により一つ一つ手描きで施されていました。
その執念とも言うべき職人の尽力により、ルイ ヴィトンの偽物は激減したと言います。
そして今、100年以上も前に職人たちの手で、生み出されたモノグラム・モチーフは、さまざまな表情を見せ、現代に生きる人々をも変わらずに、魅了し続けています。