ルイ ヴィトンのバッグ

ルイ ヴィトンのバッグ

ルイ ヴィトンのバッグは、ハンドバッグやショルダーバッグ、ポーチやウエストポーチなど多彩なラインナップがあります。
そのようなマルチブランドという感じですが、ルイ ヴィトンのバッグは、持ちやすいのはもはや、洋服にも合わせやすく、そんなに派手にならない色彩で、何といっても大人を演出する時に最適です。
ここでは人気ランキングの高いものを、紹介してみたいと思います。
スピーディ、1930年にヌメ革で登場、1959年よりモノグラム・キャンバスで展開されました。
オードリーヘップバーンが愛用していたことでも知られるモデルです。
アルマ、アルマはガストン・ヴィトンにより、1930年代に発表されました。
その名はパリ・セーヌ川にかかる橋にちなんで名づけられました。
アルマはココ・シャネルの注文から生まれたことでも有名です。
パピヨン、パピヨンはアンリ・ヴィトンにより1966年に発表。
スーパーモデル ツイッギー・ローソンのお気に入りバッグとしても有名です。
サック・プラ、 B4サイズの書類も折らずに収納でき、内ポケットには携帯電話用ポケット付き。
ビジネス用途として男女共に人気があります。
バティニョール・オリゾンタル、パリの有名な市場の地名にちなんで名付けられました。
A4サイズの書類もすっぽり入る横長タイプで、使いやすさで人気です。
アマゾン、斜め掛けで一番人気の縦長ショルダーバッグ。
本体とほぼ同じ厚みを持つ前面の立体ポケットは、大きくて使いやすく人気です。

その他にも、様々な種類があり、非常に魅力的な存在です。