ルイ ヴィトン ダミエ

ルイ ヴィトン ダミエ

ダミエ・キャンバスは、2代目のジョルジュ・ヴィトンが開発して、1888年に発表。
グリ・トリアノン・キャンバス、レイエ・キャンバスに模倣商品が出回るようになったため、生み出されと言われています。
ダミエ・キャンバスは日本の市松模様をヒントに考案されました。
市松模様とは、江戸時代の歌舞伎役者、初代佐野川市松が白と紺の正方形を交互に配した袴の模様として登場、その後人気を博し、着物の柄として流行しました。
革部分にはエボニーレザーが使用されています。
エボニーレザーとは。
クローム鞣し後にエボニーに染色された革のこと。
エボニーとはインド原産の漆黒色の木のこと、深みのあるブラウンが特徴です。
ダミエのライニング(内側素材)には、真っ赤なアルカンタラ素材が使用されています。
アルカンタラとは髪の毛の100分の1ほどの繊維を、天然のスエードと同じ構造状態に絡めて作った、人工スエードです。
高級感があるソフトな手触りが特徴。
大きめのショルダーバッグやリュックタイプのモデルには、コットン・キャンバスのライニングが多く用いられています。
1888年にダミエは、世界初の商標登録商品として誕生しますが、1896年には模造品の横行が原因で、いったん姿を消します。
1996年、モノグラム誕生100周年を記念し、限定版として復刻。
その後も人気は高く、1998年にはマーク・ジェイコブスにより定番ラインになりました。
落ち着いた優美さと幾何学的なモチーフに、ラインの特徴ともいえる丸いフォルムは、女性から高い評価を得ています。